50男の失業生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 1-Clickは必要?

<<   作成日時 : 2017/06/26 08:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ワンクリック詐欺という言葉をよく聞くようになった。
詐欺を目的にこのようなシステムを取り入れている会社ならわかるが、アマゾンの場合はいったい何なのか・・・

そもそもワンクリックの必要性はあるのか。
確かにボタンを一度押せばいいという利便性はあるかもしれないが、お金を払って物を買うのに、こんな簡単な方法でいいのだろうか・・・

実は数日前、財布に穴が開き、そそろそ新しいものを買おうとアマゾンで検討していたのだが、その際、どうも1-Clicボタンを押してしまったようだ。
数日後、アマゾンからの発送メールでたまたま気づいたのだが・・・
勿論、キャンセル。
ただ、気づかず受け取り、そのまま使うような商品だったら・・・

アマゾンには、以前もプレミアム会員でクレームを付けたことがある。
プレミアム会員に入った記憶がないのにいつにまにか会員に・・・
結局、年会費を払い、年の途中で会費を払っていることに気づき、翌年から入らないような手続きをとったものの、翌年また加入にさせられていた。

アマゾン側に言わせると、こちらで「ボタンを押ししまったのでしょう」ということで翌年からプレミアム会員の会費は返金してもらったが、今回の1-Click同じ。間違えて押したとの認識でキャンセルにはなった。

返金やキャンセルになったからいいようなものの、そうならなかったら・・・、または、買い手が気づかなかったり、面倒なのでクレームを言わなかったりしたら・・・

私から言わせれば、意図的に間違いを誘発しているようなもの。

それとも、こういうサービスが当たり前の時代になってきたのか。
そうなると、消費者、生活者ももっと防衛しないといけないのか。
企業側が善意でサービスを提供するとは限らない、素直に信じると大変なことになるということになる。
嫌な時代になったものだ・・・

人と人とが信頼できる社会になってほしいものだ。


2017年6月26日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1-Clickは必要? 50男の失業生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる