50男の失業生活

アクセスカウンタ

zoom RSS また一つ歳をとった

<<   作成日時 : 2017/02/05 22:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

また一つ歳をとった。
30代、40代の頃に比べると、あまり一年の重みを感じなくなったのだが、この先のことを考えると、人生の可能性がまた一つなくなったということか・・・。

久しぶりに実家に帰った。正月以来だ。
一月ぶりなので、久しぶりというほどではないが、数か月前の状況に比べると、だいぶ実家に帰る頻度も減ってきた。

父は、相変わらず、自分の心身の衰えに悩み、そして自暴自棄になっているようだ。
母も、退院はしたもののの、やはり体力的にはかなり弱ってきたようだ。

二人ともかなりの歳だし、やむを得ないのかもしれない。
最近は、妹も実家に顔を出さないらしく、私も暫く行っていなかったせいか、「二人とも来ないし・・・」みたいなことを言われた。以前は、こんなことは言わなかったのだが、やはり歳をとると、肉体的なことは勿論のこと、精神的にも気弱になってくるのだろうか・・・

最近、電子レンジが壊れたとのこと。
新しいものを買えばいいのだが、それがなかなかできなかったようで、私か妹が来るのを待っていたようだ。
買いに行くのが大変であれば、電話やネットでというのが、私の今の常識なのだが、そんなことはとても、父や母にはできない。なので今日は、実家の近くの電器店に行き、新しいのを買ってきた。
何でもいいからとのことだったが、買って来たら買ってきたで、色々と不平不満が・・・
しょうがないなと思いながら、古いものを片付け、掃除をし、新しいものを設置。
この程度のことで、少しでも両親が楽になるなら、それでいい。

ただ、気になるのは、自分が仮にこの年齢まで生き延びたとしたら、やはりこうなってしまうのかと思うと、ゾッとしてくる。

歳を重ねるというのは、残念ながら、社会から徐々に切り捨てられることなのだろうが、同時に、肉体的にも精神的にも衰え、自分の生活自体が危うくなってくることなのだろうか。

最近気づいたのだが、歳をとると、掃除をあまりしなくなるようだ。
今の自分よりはしているようだが、それでも昔に比べると動くのが億劫なようだ。そして何よりも物を捨てなくなった。なので実家にはかなり無駄なものが残っており、雑然としている。

今のうちに、自分も不要なものは捨てておこう。
まあ、去年の夏場以降、色々なものを捨ててきたが・・・

現時点で老後のことを考える余裕はないが、避けて通れない問題であるのは確かだ。
特に、私のように独り者は切実だ。
畳の上で、死を迎えられる人生であれば、誰かに看取ってもらいたいとまでは思わないのだが・・・。

先のことはともかく、先ずは父母を不安にさせるようなことはしたくないと思っている。
そのためには、今、自分が幸せな人生を歩んでいかないと

2017年2月5日



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
また一つ歳をとった 50男の失業生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる