令和

これから長い付き合いになるのか否かわからないが、少なくとも新時代にお会いすることは間違いなさそうだ。 平成も残すところ後ひと月。平成を総括する番組も増えてきた。 もうすぐ終わりか・・・ そして今日、新時代の元号が発表された。 「令和」 元号なので、馴染みのない言葉であることはわかっていたが、ちょっとイメージが掴みにくい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

契約更新はあるのかな・・・

派遣先の仕事が忙しいわけではないが、最近ブログへの書き込みが極端に減ってきた。 書き残したいことがないわけでもない。 疲れ?なのか・・・ 派遣先の仕事量は相変わらず低調だ。 一日の仕事時間は、実質1-2時間程度、残りの6-7時間はただボーッとしているだけ。 それで給料がもらえるなら有難い話だろ!と言われるだろうが、現実そん…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

またイザナギ超え?

久々のブログへの書き込み。 ひと月近く書かないと、何だか面倒い。 疲れているせいなのか・・・ いつの間にかアラフィフでもなくなってしまった。 常勤の派遣の仕事ではやって行けないので、この週末も別ワーク。 こんなことをやっていると体を壊すのではないかと思うのだが、生きていくためにはやむを得ない。 まあ、忙しくしているのは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国なしでは・・・

平成の世も終わりが近づき、世紀末ではないが、何かと悪い変化の兆しがみえてきた。 気のせいであればいいのだが・・・ 最近、ニュースで話題になっている外交問題。 大丈夫なのだろうか・・・。 まあ、ロシアとの北方領土の問題は、昔からのことなので・・・。 だが、韓国とのトラブルは異常だ。 子供の喧嘩のような話で済めばいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザに負けるな

インフルエンザの季節がやってきた。 いつの間にか流行っているようだ。 派遣先でも、新年早々、一人そして一人と職場のスタッフが罹ってきている。 社員が数人程度の職場なので、一人休むと結構影響が大きいと思う。 幸い仕事量が元々多くない職場で、現状、余力もあるため、なんとかなっているが、このまま患者が増え続けてくると、大変なこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸先の良いスタートを・・・

正社員なら喜ばしいことなのだろうが、残念ながらこの年末年始は9連休になってしまった。 予期はしていたのだが、流石に9連休となると死活問題だ。 なので、この9連休の内の4日は、仕事(wワーク)をすることにした。 年末2日、年始2日の予定だった。 年末の29日、30日は何とか予定通り、仕事に就くことができた。 何とか・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末年始

今日で仕事納め。 H社を辞め、3年目の年末年始を迎える。 非正規となって2年半。この間、非正規職場を4か所も経験してきた。 N社、E社、A社、そして今のS社いやF社になるのだろうか・・・ 50代半ばともなれば、正規の道は閉ざされたと言っても過言ではない。 だが、仕事には何とかありつけている。 派遣という就労形態を覚え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wワーク

本当に副業が容認される時代になったのだろうか。 政府の方ではそのような動きになっているが、企業側としては実際問題どうなのだろうか・・・と疑問には思う。 古い考え方かもしれないが、仮に自分が所属している会社に、副業などしている仲間がいたら・・・と思うと、やはり快くは思わないだろう。 ただ、この20年で企業と労働者の関係も大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成の終焉

平成時代が終わろうとしている。 来年の4月末までだっただろうか。 私にとって、この平成時代は、20代後半から50代中ごろまでの30年間。 人生にとって一番大事な時期でもある。 そしてこの30年間は、私にとって決して良いものではなかった。 人生を棒にふった30年間。取り返しのつかない30年間である。 まあ、私自身の問題では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暇で辛い

新しい仕事に就いて3週間経過した。 率直な感想、仕事は決して面白くない。 単純作業とはわかってはいたものの、予想以上といったところか・・・ まあその辺は覚悟していたのかもしれないが、それ以上に予想外なのは暇だということ。 暇なら人はいらないだろうと思うのだが、何故かまた人を雇うようだ。 穿った見方をしてしまうが、ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新天地で一週間

新天地に来て一週間経過した。 派遣会社から契約書が届かなかったら辞退を考えていたが、ギリギリ前日に届いたので、取りあえず割り切ったといったところか・・・ 新天地の仕事は勿論力仕事。 力仕事に抵抗はないが、今のところそこに面白みを感じることが出来ないのが正直なところ。 時給だって決して良くない。A社の月収に比べると大幅に下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雇用契約はどうなった?

日雇い派遣の仕事を始めて3週間ほど経過した。 以前から予定していた稽古合宿(先週土日)に参加するなど、毎日働いていたわけではないが、やはり結構しんどいものがある。 現時点で10日位働いただろうか・・・ 日雇い派遣の仕事は、基本的に日々行く現場が異なる。場所も初めてだし、時間帯だって不規則。 また、その都度初めての仕事を、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また時給生活に

10月からまた時給生活に戻ることになった。 安定した生活をするためには月給制がのぞましいのではあるが、今のこの社会は私のような人間の犠牲のもとになりたっている。その一翼を担っていると思えば・・・ ただ生半可な気持ちではこの生活は維持できない。 それは、このH社を辞めてから体験済みだ。 人手不足とは言われているものの、実際不足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

就活中止

失業3日目にして、就活ストップ。 行き先が決まったことは、自分にとって本当に良かったのか・・・ 3日目にして仕事が決まるのは、ある意味有り難いことだが、正直不本意という思いはある。 やはり、燃焼しきれていないということで、達成感や満足感がないのだろう。 下手をすると、また辞めるなどと言う結果になってしまうかもしれない。 所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

失業2日目

派遣登録はこれ以上は止めておこうと思っていたのだが、なりゆき上また一社登録してきた。 会社はJ社。 また昨日のような娘が出てくるのかな、と思いきや、感じの良い女性。 話もしやすいし、今までの登録面談の中で一番いい感じの方だった。 相談にも乗ってくれそうだし、会社の感じも過去最高。交通費も全額ではないが原則支給とのこと。 案件は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

失業初日

また今日から失業状態になってしまった。 まあ、自分でもよくわかっているが本当に情けない。 会社を辞める度に、必要のない前歴(職歴)がついてくる。 先週末からあちこちの派遣会社にWEBで応募を送りつけているが、早速、本日面接に。 社会経験のあまりなさそうな若い娘が面接官に・・・・ 当然、私の職歴をあれこれ聞いてくる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

退職手続

A社の仕事は実質昨日で終了。 本日は年休をとって、本社で退職手続きをしてきた。 シフトに入っていると、本社に行けないしね・・・ 派遣会社での退職手続きというのは初めての経験なのでわからないが、わざわざ本社に行かなければならないものなのか・・・。私が契約社員だからなのか・・・。 通常、退職手続きなんて、必要書類を提出し、返すも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遂にやってしまった・・・

退職まで後一週間、というか後数日。 なのに何故かバタバタしている。 引き継ぐ人がいないので・・・という会社の苦境を考慮し、契約期間を一か月延長したものの・・・ 何のお構いもなし、アレコレ話を振ってくる。 普通退職となれば、引継ぎとか、後に尾を引かない仕事をするものだと思っていたが・・・ 先週から提出不要とされていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

就活再開

A社で仕事ができるのも、残すところあと数日。 先週の社内会議の時に、私の退社の事実がオープンになり、昨日も本社の営業担当が現場に来て、クライアントに退社の旨を伝えたようだ。 なので、もう周囲のスタッフにも伝えて良いと・・・ 自分で決めたことなので、言い訳は出来ないが、正直、ちょっと複雑な心境。 周りのスタッフとも慣れてき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年休

有給休暇・・・ 非正規雇用の人間にとって、この制度は大変ありがたい制度である。 それなりの労働日数があれば、誰もが取得できる制度なのだが、現実にはなかなか・・・ H社を辞めて以来、N社、E社、そして現在のA社と、非正規の職場で何とか生き延びているのだが、幸いどこもフルタイムで就業でき、N社とA社ではこの年休にありつけること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more