新天地で一週間

新天地に来て一週間経過した。

派遣会社から契約書が届かなかったら辞退を考えていたが、ギリギリ前日に届いたので、取りあえず割り切ったといったところか・・・

新天地の仕事は勿論力仕事。
力仕事に抵抗はないが、今のところそこに面白みを感じることが出来ないのが正直なところ。
時給だって決して良くない。A社の月収に比べると大幅に下がるし、生活が成り立つか未だ検証できていない。
勤務地も自分の理想とはちょっと異なる。自腹の交通費の負担を少しでも軽減すべく、また自転車通勤で補完することにした。その肉体的負担がどのように影響するかまだ不透明だ。

ただ、新天地の会社、魅力がないわけではない。
将来どのような扱いをされるかわからなが、それなりに期待をされて、現時点で教育されているようだ。
この一週間、正直たいしたことはしていないが、その分、良い意味で教育に時間をかけてもらっているようだ。
社員の方々も若いが皆良い人ばかりだ。
まあ、まだ本音のところはわからないが・・・

勝負はこれから。
来週からどのような展開になるのかはまだわからない。
あとは天命を待つしかない。

ところで派遣会社の方だが、確かに契約書は届いたが、それ以外のものは何もない。
派遣による就労というのは、実質的には初めてだが、これでいいのだろうか・・・
働く現場は雇用先なので派遣会社は関係ないと言えば関係ないのだが、派遣会社の実体がよくみえない。

この木曜だったか、派遣会社の営業さんから、年金番号や雇用保険の被保険者番号、口座番号を教えてくれとの携帯メールが入った。先ほど返信はしたが、本当に大丈夫なのだろうか。
まあ、社保に入る意志はあるのだろうが・・・
マイナンバーはどうするのだろうか。まさか、メールで聞かれるのだろうか・・・

派遣会社との付き合いもこれから色々見えてくるのかもしれない。

これから新たな仕事に集中しつつ、また、少し普通に戻ってしまった生活スタイルを見直さなければならばい。

なんとか生活していけるのだろうか・・・
精神的にはH社を辞めた2年前に比べ、少しづつ改善されている。
ただ、気力が昔に比べ大幅に減退していることは変わらないが・・・

この一月、A社を辞め、日雇派遣に携わり、そしてS社の派遣先で働くことになった。
一か月で色々バタバタしたが、来月は少し落ち着くのだろうか・・・

まあ、明日から頑張ろう。
人生が好転しますように。

2018年10月28日

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック