墓じまい

先週、墓じまいに田舎まで行ってきた。 父にしてみれば、長年の懸案事項であったと思う。 元々、墓じまいをすることはある程度想定していたものの、自分が生存中にするものでないと予定していただけに、いざ墓じまいの話が出てきて以降は、父自身、高齢ながらかなりの労力を要したようだ。 叔母とのやりとり、改葬許可といった役所への手続き等、色々と大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あれから3年・・・

H社を辞めてから3年経過した。 私の人生、何故か失業の繰り返しであった。やはり何か自分に問題があるのだろうが、40代までは何故か根拠のない自信があったようで、結果的に何とか正規の道に進むことができた。しかし、50代ともなると、流石にそうもいかなかったようだ。結果、今の自分がある。 3年前の心境を思えば、今は随分気が楽になった。収入は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残業がない・・・

二八(にっぱち)。業界や会社にもよるが、二月と八月は売上が減るということなのだが・・・ 未だ七月だが、今の派遣先現場では、大分仕事が落ち着いてきた感がある。五月に今の現場に派遣されて以来、コンスタントに一日1時間以上の残業があったが、昨日は30分、今日はゼロ・・・。どうもこのまま八月に突入しそうな気配だ。 前の現場に比べ、時給が10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来週は参院選

久々にブログに書き込みをしようとしたのだが・・・大分画面が変わっていて、ちょっとわかりずらい。まあ、それはさておき・・・ 相変わらず生活のリズムは変わらず、常勤の派遣で出来る限り残業をさせてもらい、休みの日は日雇い現場と、働きずくめの毎日だ。生活を維持するためにはやむを得ないといったところか・・・ で、祝日の今日も日雇い現場だ。基本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来月から減給

5月から派遣先を変え、新しい派遣先で一か月経過した。 仕事自体は、相変わらずの作業現場。 3年前にH社を辞めて、非正規現場を転々としてきたが、事務系→作業系→事務系・・・と結果的に交互に繰り返してきたが、どうやら作業系で落ち着きそうな気配だ。 まあ、性別と年齢を考えれば致し方ないが、問題は時給。 非正規の時給生活者にとって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老後資金2000万

金融庁の発表らしいが、老後資金として2000万の預貯金がないと生活できないとのことだ。 これをマスコミが挙って報道してるが、何を今さらというか、どういうつもりで報道しているのか、正直気分が悪くなる。 「2000万の預貯金」というのはいったい誰に向けての話なのだろうか。 2000万という数字の信憑性以前の問題として、これが世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物価高騰

高騰とは呼べないかもしれないが、毎月のように商品の値上げが続々だ。 6月は、カップ麺にアイス、トイレットペーパー・・・ 値上げの理由にあるのは、いつも人件費高騰。 えっ人件費って本当に高騰しているの? まあ世間一般の給料は上がっているのだろう。 少なくとも大手の従業員の給料は・・・。派遣の私には縁のない話だが・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和仕事始め

過去最長なのだろうか・・・ 10連休が終わり、令和初の出勤日となった。 と、言いたいところだが、それは世間一般の人の話。 私の場合、とりあえず令和の初日の5月1日に仕事を始めている。 ある意味有り難い話である。 改元早々仕事にありつけるのだから。 流石に10連休となると、非正規雇用の人間にとっては死活問題である。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

平成時代さようなら

まもなく平成が終わろうとしている。 このような時代の節目に居合わせたことは30年ぶりか・・ 前回は、昭和天皇の崩御に伴うものだったので、粛々と儀式が行われ、マスコミの報じ方も今とは全く異なるものだったと記憶している。 今回のように予め退位されることが分かっている方が、時代の節目のイベントなども行いやすく、国民目線からも分かりやすい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

頑張る

TBSの日曜劇場で「集団左遷」というドラマが始まった。 過去の日曜劇場と比較すると、特に面白いストーリーでは・・・、まあ初回なのでまだわからないが、個人的には現状イマイチといったところか。 ただ、「頑張る」ということについて、このドラマが何らかの問題提起をしているような感じがして、ちょっと気になった。 上役である三上博史が「頑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分を貶める

いつの頃からか、結果的に自分を貶める選択をするようになってしまった。 勿論、自分なりに考えた末。それが最善の道だとは思いつつも・・・ でも、それが今の人生に繋がっている。 何とも情けない話だが、これが自分の天命なのだろう。 人並みの人生を送っているのが信じられない、怖いのである。 何故か常に不安と隣り合わせの人生なのである。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

令和

これから長い付き合いになるのか否かわからないが、少なくとも新時代にお会いすることは間違いなさそうだ。 平成も残すところ後ひと月。平成を総括する番組も増えてきた。 もうすぐ終わりか・・・ そして今日、新時代の元号が発表された。 「令和」 元号なので、馴染みのない言葉であることはわかっていたが、ちょっとイメージが掴みにくい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

契約更新はあるのかな・・・

派遣先の仕事が忙しいわけではないが、最近ブログへの書き込みが極端に減ってきた。 書き残したいことがないわけでもない。 疲れ?なのか・・・ 派遣先の仕事量は相変わらず低調だ。 一日の仕事時間は、実質1-2時間程度、残りの6-7時間はただボーッとしているだけ。 それで給料がもらえるなら有難い話だろ!と言われるだろうが、現実そん…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

またイザナギ超え?

久々のブログへの書き込み。 ひと月近く書かないと、何だか面倒い。 疲れているせいなのか・・・ いつの間にかアラフィフでもなくなってしまった。 常勤の派遣の仕事ではやって行けないので、この週末も別ワーク。 こんなことをやっていると体を壊すのではないかと思うのだが、生きていくためにはやむを得ない。 まあ、忙しくしているのは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国なしでは・・・

平成の世も終わりが近づき、世紀末ではないが、何かと悪い変化の兆しがみえてきた。 気のせいであればいいのだが・・・ 最近、ニュースで話題になっている外交問題。 大丈夫なのだろうか・・・。 まあ、ロシアとの北方領土の問題は、昔からのことなので・・・。 だが、韓国とのトラブルは異常だ。 子供の喧嘩のような話で済めばいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザに負けるな

インフルエンザの季節がやってきた。 いつの間にか流行っているようだ。 派遣先でも、新年早々、一人そして一人と職場のスタッフが罹ってきている。 社員が数人程度の職場なので、一人休むと結構影響が大きいと思う。 幸い仕事量が元々多くない職場で、現状、余力もあるため、なんとかなっているが、このまま患者が増え続けてくると、大変なこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸先の良いスタートを・・・

正社員なら喜ばしいことなのだろうが、残念ながらこの年末年始は9連休になってしまった。 予期はしていたのだが、流石に9連休となると死活問題だ。 なので、この9連休の内の4日は、仕事(wワーク)をすることにした。 年末2日、年始2日の予定だった。 年末の29日、30日は何とか予定通り、仕事に就くことができた。 何とか・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末年始

今日で仕事納め。 H社を辞め、3年目の年末年始を迎える。 非正規となって2年半。この間、非正規職場を4か所も経験してきた。 N社、E社、A社、そして今のS社いやF社になるのだろうか・・・ 50代半ばともなれば、正規の道は閉ざされたと言っても過言ではない。 だが、仕事には何とかありつけている。 派遣という就労形態を覚え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wワーク

本当に副業が容認される時代になったのだろうか。 政府の方ではそのような動きになっているが、企業側としては実際問題どうなのだろうか・・・と疑問には思う。 古い考え方かもしれないが、仮に自分が所属している会社に、副業などしている仲間がいたら・・・と思うと、やはり快くは思わないだろう。 ただ、この20年で企業と労働者の関係も大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成の終焉

平成時代が終わろうとしている。 来年の4月末までだっただろうか。 私にとって、この平成時代は、20代後半から50代中ごろまでの30年間。 人生にとって一番大事な時期でもある。 そしてこの30年間は、私にとって決して良いものではなかった。 人生を棒にふった30年間。取り返しのつかない30年間である。 まあ、私自身の問題では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more