50男の失業生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 身元保証人

<<   作成日時 : 2017/04/10 15:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この歳、この経歴だと現実的に就職が難しいことは十分にわかっている。

ハロワの情報は常にみているが、現時点でこれといったものもない。

なので、民間求人誌のサイトをみているが、現時点で3社応募した。
いずれも、アルバイト。
正直情けなくなってくる。

1社はE社。先週面接済み。

もう1社は、D社。WEBで応募したところ、返事がないので、先週金曜日にTEL。
担当不在で、別の担当者が対応。「担当が返事を忘れていたのかも・・・」とのことで、今日の朝で面接予約。
30分弱程面接をしてきた。
大量に面接しているのか、離職率が高いのかわからないが、面接は本当に事務的。特に厳しい質問はない。面接官も中年女性の方が1人だった。
仕事は力仕事。過去の経歴をみて、「もったいないんじゃないですか?」との口ぶり。決して良い意味ではないと思う。仕事的にはやっていけると思う。女性の職場なのだろう、夜勤の案内もされたが、それは断った。残業、休出は可能か聞かれるが、勿論問題ない。むしろ、経済的にはやりたいくらいだ。先週面接したN社に比べると、早朝勤務がなく、基本土日祝が休みなので、自分にとって都合のいい職場だ。

勤務地もかなり近く、バイトであることを除けば何も問題ない。
だが、唯一最大の問題があった。「身元保証人をたてられますか」とのこと。
これには、ぐうのねも出なかった。
まさかアルバイトやパートで保証人が必要だったとは・・・

正直言うと、社員の道は難しいとは思っていたが、応募を控えていたのも事実。
その最大の原因がこれ。
今さら親に保証人をお願いするのは抵抗があるし、そもそも失業中であることを知らない。
今まで散々保証人になってもらってきた。これ以上、迷惑はかけたくないし、心配もさせたくない。
とは言っても・・・

私くらいの年齢になると、親のいない人も多いだろう。
その際、保証人はどうしているのだろうか・・・

採用する側としては、リスク回避もあるだろうからやむを得ないかもしれないが、こういう制度は出来るだけ廃止してほしいというのが正直なところ。何かあればその人個人の問題なわけで・・・
まして、パート・アルバイトなのに・・・

この3月まで勤めていたN社は大企業。個人情報や機密文書も取り扱う。だが、保証人は求められなかった。住民票の写しを求められたくらいだ。
昨年7月まで勤めていたH社も、正規雇用ではあったが、保証人は求められなかった。まあ、小さい会社でいい加減といえばいい加減な会社だったが・・・

会社によって考え方もあるとは思うが・・・
積極的に雇用する気があるのであれば、こういう制度は止めてほしい。
保証人を立てられない人は働くことができなくなってしまう。
何か、抜け道や代替手段があればいいのだが・・・

因みに、応募3社目はK社。
今日電話をかけてたらい回し状態になったので、あまり良い印象はない。面倒なのでWEB応募に切り替えてしまった。
どういう結果になるかわからないが、ここも女性希望のようだ。
まあ、やれることはやっておこう。


良い仕事が見つかりますように。


2017年4月10日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
身元保証人 50男の失業生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる