50男の失業生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 生涯未婚

<<   作成日時 : 2017/04/22 10:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

朝からもやもやした気分。
仕事先が決まれば晴れやかな気分になるのが普通だが・・・やはり無理か・・・

テレビを見ていると、NHKで「おひとりさま社会」と称して番組をやっていた。
要は、生涯未婚が増えているということ。
この先、日本はどうなっちゃうの? 単身世帯の急増、孤独死や生活保護の問題も出てくる、等々

先日もニュースでやっていたが、生涯未婚は男性4人に1人、女性7人に1人。

個人的には意外な数字だった。もっと少ないと思っていた。
50過ぎの私の友人は皆妻帯者。身の回りにいた50過ぎの人でも、若干いるくらいか・・・
その若干も、ちょっと変わり者とか、まあ未婚も納得するような人。
なので、この数字は本当に意外。統計の取り方がおかしいのか?
いや間違っていることはないだろう。多分、私の周りの人は普通の人たちで、普通でない人は、もっと別のところにいる。表社会に現れていない人々なのだろう。
悪い言い方をすれば、人と繋がりのない生活をしている、もしくはせざるを得ない人々なのではないか。

要は4人に1人の人は、一般人が知らないところで、ひっそりと、もがき苦しみながら生きている。

生涯未婚率が急速に増えた原因。それは明らか。
核家族化だの、介護だの、身近に紹介してくれる人がいないだの、女性の社会進出だの・・・いろいろ意見はあるだろうが、結局は、仕事の不安定さ、経済的な問題である。
バブル崩壊後の、非正規化の波は勿論のこと、企業との関係、従業員同士の信頼関係など、気持ちの繋がりの問題もあるだろう。生活する上で長期的な見通しが立たないのである。

私も「おひとりさま」が続いていくことは明らか。結婚についても諦めている。
仮に、給与を普通にもらえる仕事につけても、この先責任は果たせないだろう。

まだ、介護の経験はしていないが、去年散々、そのようになりかけたことがある。
親の面倒は、秒読み段階かもしれない。

本当はチャンスがあれば、もう少しちゃんとした仕事について、それなりの給料をもらい、貯蓄をし、自分の将来に向けて考えても行きたい。
でも、その可能性は低い。

私も生涯未婚の1人だが、周りの人はどう見ているのだろう。
おかしいい人?にみられているのかな。
「結婚の経験もなかったの?」と聞かれる位だから、一見、普通の人には見られているようだが・・・
表面上は4人に1人にはみられていないのかもしれない。

だが、これからは違う。
今は、人との関係を絶っているわけではないが、このままいくと、絶縁状態になってしまうかもしれない。
経済的に取り残されているかもしれない・・・
そしていずれは孤独死・・・
身なりや、顔つきにも出てくるだろうな。

まあ、今は親のことを中心に考えたい。
人並みの人生を送るチャンスを与えてくれた親に、何の恩返しもしていない、それどころか裏切りばかり。
今も失業のことを親は知らない。裏切り続けている。
これ以上、親を不安にさせたくない。何かあれば、手助けをしたい。
そして、何も出来なかったが幸せであってほしい。

介護で職を失う人もいるようだ。結婚できない人もいる。気持ちはやはり似たようなものか・・・

私ももっとしっかりしていればよかったのだが・・・
まあ、これも人生。

今をどう生きるか・・・
まだ整理がついていないが、やはり与えられたものに向かって、前を向いて生きていくしかない。

良い人生でありますように


2017年4月22日




生涯未婚?週刊東洋経済eビジネス新書No.178
東洋経済新報社
週刊東洋経済編集部

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 生涯未婚?週刊東洋経済eビジネス新書No.178 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
生涯未婚 50男の失業生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる