50男の失業生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 悩んだ末に・・・

<<   作成日時 : 2017/04/20 19:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

悩んだ末に・・・、結局、結論は出ていない。

去年の夏も同じような選択に迫られ、最終的に失業状態に戻る結果となってしまった。
なので、同じことを繰り返したくないという思いが強い。

今日は、予定通り朝から就活コンサル(60代?男性)に相談。
この方は、夏にも相談した方で、あまり期待はしてなかったが・・・やっぱり・・・
話を聞くだけで、コンサルティングは全くなし。
せめて精神的な重みだけでもと思っていたが、それも空しく・・・
挙句の果てに、仕事の紹介に関する相談は、「ハロワの相談員に・・・」とのこと。
いったい何の相談をしてくれるのか、適職が決められないから相談しているのに・・・

重苦しい気分のまま、とりあえずハロワの求人検索。
ちょっと気になる求人の応募状況を確認をしつつ、相談員(50代?女性)と話す。
同じようなことを、相談員に聞いてみたが、コンサルより親身になってくれた。
だが、自分の選択はまだ決まらず、時間が経過するだけ。

話は変わるが、夜勤仕事に割り振ってきたD社。
結局、昨日の夕方、「日勤でお願いします」とのこと。
何故か、断ることもできず、OKしてしまった。

なので、先ず今日はD社のおl断りから。
「保証人のメドがつかないので・・・」との話をしたら、担当の女性が「相談してみます」との嬉しい回答。
だが、結局は無理だった。
それはそうだろ。

そして、問題のE社。
女性相談員からは「バイトでなくてもまだ行ける年齢」「まだ燃焼しきれてないんじゃないの」との前向きな声を頂戴したが、一方で、「最初にE社を応募した時の気持ちは?」などとも聞かれ、少しは心の整理もできた。
因みに、S社は今日、別の若い男性を採用したようだ。ハロワならではの貴重な情報だ。
これで、私の選択肢は、バイトのE社にいくか、新たに発掘するかとなった。

現時点で気になる求人はある。そこを応募すべきか・・・、応募しないと後に禍根を残すことになりそうだ。
会社をみていないので、どんなスタイルの仕事をしているかわからないが、何故か「仕事は出来る、やってみたい」という根拠のない自信と、仕事への興味がある。たぶん前職の経験からだろう。
だが、打ちのめされることも十分にありうる。その確率のほうが高いとは思っている。

本当は天が決めてくれれば一番楽なのだろうが・・・
いや、実際は、もう決まっているのだろうな。
僕らはその結末を知らないだけ・・・

というわけで、E社の担当者に電話を・・・と思ったら、、もう17時過ぎ。
担当者は外出中で、直帰のご予定。
明日電話をする旨を伝え、電話を切る。
なので、少し安堵。

一応、少し確認をして、お世話になる旨を伝えようと思っている。
今日連絡をしなかったから、臍を曲げて不採用、ということになれば、それも可。
最終的に「ご縁」で決めるしかない。
現時点でD社、S社の選択肢がないのであれば、E社にご縁があったということだろう。
今のところ・・・

今は未来のない仕事にみえるかもしれないが、何か転機があるかもしれない。

ただ、収入と雇用条件はよく確認しておきたい。
私が見た求人誌の条件、面接時の口頭の条件と、後日ハロワで掲載された条件とでは、結構な乖離がある。それによって日々の生活が出来なくなるかもしれない。
それではさすがに断るしかない。基本的に残業がないと生計が成り立たないのが実情。

本当は、雇用条件を事前に書面で出して欲しいのだが・・・。
場合によっては、当日決裂になるかも・・・
保証人とか言われたら、勿論×。

まあ、その時はその時。
「ご縁」と「運命」を信じるしかない。

いい人生でありますように


2017年4月20日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
悩んだ末に・・・ 50男の失業生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる